top of page
mainvisual_back.jpg
mainvisual.png

ONEXPLAYERからは様々なポータブルゲーミングPCが発売されていますが、

「どれを選べば良いかわからない...」という方の為に、似ている機種を比較してみました。

それぞれの長所と短所を見比べて、あなたにぴったりのモデルを見つけてください!

ONEXPLAYER-X1_8840u-badge_keyboard.jpg

ONEXPLAYER X1

AMD Ryzen ™ 7 8840U

AMD Radeon ™ 780M

32GB/2TB

198,000円

178,200円(税込)

64GB/4TB

248,000円

223,200円(税込)

ONEXPLAYER-X1_ultra7_keyboard-768x768.jpg

ONEXPLAYER X1

インテル® Arc™ graphics

インテル® Core™ Ultra 7 125H/16GB/1TB

151,200円(税込)

インテル® Core™ Ultra 7 155H/32GB/1TB

187,200円(税込)

インテル® Core™ Ultra 7 155H/32GB/2TB

196,200円(税込)

インテル® Core™ Ultra 7 155H/64GB/4TB

241,200円(税込)

ONEXPLAYER2Pro_2000_R8-enchou-768x768.jpg

ONEXPLAYER 2 Pro

AMD Ryzen™ 7 8840U
AMD Radeon™ 780M

32GB/1TB

178,600円(税込)

188,000円

32GB/2TB

193,800円(税込)

204,000円

​コントローラー着脱あり

shinseikatu_main_onexfly-768x768.jpg

ONEXFLY

AMD Ryzen™ 7 7840U
AMD Radeon™ 780M

32GB/1TB

139,800円(税込)

149,800円

32GB/2TB

149,800円(税込)

159,800円

miniryzen.png

ONEXPLAYER mini Ryzen版

AMD Ryzen™ 7 5800U
AMD Radeon RX Vega 8

16GB/512GB

89,800円(税込)

170,610円

​コントローラー着脱なし

​プレイモード

あなたのプレイスタイルはどれ?機種別に比較してみました。

ポータブルゲーミングPCモード

portable.png
kikaku_4.png

​◯

portable.png

ワイヤレスジョイスティックモード

joystick.png
joystick.jpg

​✕

joystick.png

タブレットモード

tablet.png
tablet.jpg

​✕

tablet.png

UMPCモード

UMPC.png
onexplayer_x1_67.png

​✕

UMPC.png

デスクトップモード

TV.png
desktop.jpg

TV.png

​コントローラー着脱なし

​コントローラー着脱あり

fly_only.png
miniryzen_only.png
x1_only.png
2pro_only.png

​コントローラーを取り外せる製品を比較

kikaku_2.png

まずは「ONEXPLAYER X1」と「ONEXPLAYER 2 Pro」を比較。

どちらもコントローラーとキーボードを取り外すことができ、自由自在に好みのスタイルで楽しめるのが特徴です。

x1_2pro_hikaku.jpg
b8dbf4_c701dbad288c45159fa6acd76d468927~mv2.webp

​使い方は自由自在! 3in1 PC

ONEXPLAYER X1は、1台3役のオールインワンデバイスです。それぞれに必要だった異なるデバイスを行き来する手間を省き、3 in 1 PCの真髄を堪能できるでしょう。

x1_1img.pngの複製

大画面で没入感のある

ポータブルゲーミングPCモード

1.pngの複製

X1に専用のコントローラーを接続するだけで、即座にポータブルゲーミングPCに変身。面倒な設定は必要なく、プラグアンドプレイですぐにゲームをすることができます。

2.pngの複製

オフィス作業も楽々
​作業効率もアップ UMPCモード

革新的なデザインのマグネットキーボードは、磁気でX1と物理接続のため、面倒な設定は一切不要です。17.5mmのキーピッチを実現し、文章の編集やメールのやりとり、SNS更新ツールとしても使うことができ、いつでもどこでも作業をすることが可能です。

x1_2img.pngの複製
x1_3img.pngの複製
3.pngの複製

大画面ならではの臨場感と
高精細な映像

タブレットモード

10.95インチの大画面にもかかわらず、超薄型のタブレットデザインでその軽さは、わずか約789g!絶妙な質感が心地よく片手でも持てるサイズ感は、ビジネスシーンにもおすすめです。

ONEXPLAYER X1で実機プレイ

※上記の動画は、インテル版で実機プレイいたしました。

とても画面が大きいので没入感が高く、高設定にすればスペックが必要な重いゲームも快適にプレイできました。
ポータブルゲーミングPCモードは、コントローラーのボタンを押したときのカチカチ感が心地良いのが特徴。ノートブックモードでプレイした時、キーボードの小ささはあまり気にならず、デスクトップPCとほとんど変わらない感覚でプレイすることが出来ました。 1つデメリットがあるとすれば、寝転がってゲームをするには少し大きくて重たいので、持ち運びがしやすいノートPCとして使うのがベスト!

ONEXPLAYER2-Pro-LOGO.pngの複製
LP_main_title.pngの複製
ONEXPLAYER2pro_lp01.jpgの複製
MicrosoftTeams-image.pngの複製
ONEXPLAYER2_lp05.pngの複製

​使い方は自由自在
仕事もゲームも趣味も
こなせる

コントローラーが画面の横に固定されている従来のデザインでは、

ゲームプレイ時の自由度が制限されます。ゲーマーは、ソファや

椅子、ベッドなど、さまざまな方法と場所でゲームをプレイする

ことを好みます。

そこで ONEXPLAYER 2 Pro では、着脱式のコントローラーにす

ることで、さまざまなゲーム体験に対応できるよう設計しました。

プレイスタイルを自由に選択し、ONEXPLAYER 2 Pro を最大限に

活用することができます。

着脱式のコントローラーは、金属製のスライドレールで本体に

しっかりと固定されるため、ワイヤレス接続よりも安定した低遅

延の接続が可能です。2.4GHz帯での接続に対応しています。
​また他のコントローラーとBluetoothで接続することも同様に

可能です。

※動画に掲載のワイヤレスジョイスティックコネクターは開発段階のものであり、販売されるものと形状が異なります。ご了承ください。

ONEXPLAYER 2 Proで実機プレイ

キーボードがとてもコンパクトで、持ち運びに最適です。ただ、ゲームをするには少し小さいので、出先で仕事のメールを返したり、ネットサーフィンをしたり、ちょっとした作業に向いています。コントローラーは大きくみえますが、見た目よりも持ちやすく手にフィットするので、ゲームは快適にプレイ可能。また、背面にキックスタンドが付いているので、PCだけで自立するのが便利且つ、ガタついたりすることもなく安心です。

軽量・コンパクトな一体型製品を比較

kikaku_3.jpg

次に「ONEXFLY」と「ONEXPLAYER mini Ryzen版」を比較。
どちらも軽量でコンパクトなので、外出時にも持ち運びやすいのが特徴です。

fly_mini_hikaku.jpg
ONEXFLY_Logo_Title_bk.pngの複製
ONEXFLY_WT_BK.pngの複製
AMD Ryzen7000.png

無限の可能性を秘めた ポータブルゲーミングPC

31e376_98f0569f87f344338f5565e7528b39d6~mv2.webp
230803_1335.webp

​性能

​質感

​デザイン

​音質

​すべてにおいて最上級を目指す

​五感を揺さぶる至極のポータブルゲーム体験

人気のAAAタイトルゲームをいつでもどこでも楽しめるようにすること。そして、ポータブルゲーミングPCの可能性をさらに広げるために開発を続けます。
ONEXFLYは、VRAMを最大 16GB まで拡張可能!
その性能を十分引き出すためにメインメモリを標準で 32GB に、複数のAAAタイトルを持ち歩くことができる1TBもしくは2TB の大容量 SSD を搭載しました。
超軽量でコンパクトなのに、同じサイズの他のブランドと比べて最も大きなバッテリーを搭載。HARMAN FX オーディオ認証取得の立体音響スピーカーONEXPLAYERの開発で培った使いやすいジョイスティックと、触り心地の良さに直結するボディカラー塗装にもこだわり、高級車にも採用されている「武蔵野塗料」の高品質な抗菌ペイントを施しています。

一歩先を行く『ポータブルゲーミングPC』がここにあります。

ONEXFLYで実機プレイ

パーカーなどの深いポケットなら、手ぶらで持ち運べるくらいコンパクトで軽量。塗装にこだわっており、触り心地はとても滑らかで、さらにエルゴノミクスデザインが採用されているので、手にフィットして馴染み、長時間持っていても苦になりません。寝転がってゲームしたい!という方に、是非おすすめです。

ONEXMRF__02.jpg
ONEXMRF__01.jpg
AMD Ryzen 7 5000.png

時間を気にせず
“いつでもどこでも”ゲームをプレイ

miniAMD_03.png

ゲーミングPCでSteamやEpic Games等のプラットフォームを使ってプレイしている方なら、そのままONEXPLAYER miniに機体を変えて、ポータブルに遊ぶことができます。時間のかかるアクションゲーム大作も隙間時間にプレイ可能!また、Steamは毎月多数のゲームがリリースされており、懐かしい作品から最新のものまで、すべてのゲームを楽しむことができます。

​見た目は「ゲーム機」だけど、中身は「高性能なゲーミングPC」。ゲームだけではなく、パソコンとしても実用的に使うことできます。これからゲーミングPCを使いたい、昔のゲームをやりこみたい、外出先でもPCゲームがしたい、寝転びながらゲームがしたい…等々の大人の欲求を叶えてくれる性能と携帯性を合わせ持っています。

ONEXPLAYER mini Ryzen版で実機プレイ

とてもコンパクトなのに、スペックが必要な重いゲームもほとんどカクつくことなくスムーズに動作します。加えて、PCグレードの大型ファンを搭載しているので、機体も熱くならず快適にプレイすることが出来ました。

キーボードやマウスを繋ぐと普通のPCとして使用することもでき、さらに画面出力にも対応しているので、大きなモニターでの作業が必要なときも快適に作業可能です。

bottom of page