top of page
​国内正規版
onexplayer_mini_pro.png
Windows11-logo-horiz-blue-rgb.png

​​主な仕様

  • AMD Ryzen™ 7 6800U プロセッサー

  • AMD Radeon™ 680M グラフィックス

  • 7インチ 1920*1200 / 323PPi

  • メモリ:16GB/32GB LPDDR5

  • ストレージ:512GB/1TB/2TB SSD

onex-wallpaper_1920.png
onex_mini_pro_ryzen_00.png

ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版」レビュー|Ryzen 7 6800U搭載機

ポータブルゲーミングPC「ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版」は、Windows携帯ゲーム機としては一回り小さな 7インチサイズ、Nintendo Switchライクな見た目、RGBライトエフェクト機能、AMD Ryzen 7 6800U を搭載したモデ...

pc-watch.png

Ryzen 7 6800Uの高性能を7型にギュッと凝縮した「ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版」

ONEXPLAYER miniシリーズは、1,920×1,200ドット(WUXGA)表示対応の7型液晶を備えたポータブルゲーミングUMPCだ。2021年末に投入された初代は、第11世代CoreまたはRyzen 5000番台を搭載していたが、2022年11月からは「Pro」と...

asciixamd.png

AMD Ryzen 7 6800U搭載でゲーム性能が爆上がり! ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版実機レビュー

「ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版」には下記の3モデルがラインナップされている。CPUは「AMD Ryzen 7 6800U」(8コア、16スレッド、最大4.7GHz、cTDP15~28W)で共通。メモリー(LPDDR5-6400)とストレージ(PCI...

win-tab.png

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版 レビュー - 最新CPU搭載でパフォーマンスが大幅にアップ!ドッキングステーションを使えば高性能なミニPCとしても使えます

OSはWindows 11 Homeです。サードパーティ製のセキュリティソフトやオフィスソフトなどはプリインストールされていませんが、ゲームプレイ中に様々な設定を変更できる「Game Center」がインストールされています(後述しま...

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen

【UMPC】小さくなっても高性能のままPCゲームが普通に遊べるPC ONE XPLAYER MINI(AMD)

岡ちゃんnel
【UMPC】小さくなっても高性能のままPCゲームが普通に遊べるPC ONE XPLAYER MINI(AMD)
【UMPC】小さくなっても高性能のままPCゲームが普通に遊べるPC ONE XPLAYER MINI(AMD)

【UMPC】小さくなっても高性能のままPCゲームが普通に遊べるPC ONE XPLAYER MINI(AMD)

09:42
動画を再生
【破産危機】Steam Deckを超える最強のポータブルゲーム機がきたぞぉ!開封~起動編 ONEXPLAYER mini Pro Ryzen7 6800U版〈前編〉ポータブルゲーミングPC

【破産危機】Steam Deckを超える最強のポータブルゲーム機がきたぞぉ!開封~起動編 ONEXPLAYER mini Pro Ryzen7 6800U版〈前編〉ポータブルゲーミングPC

09:33
動画を再生
ONEXPLAYER mini Pro 6800U RSRの使用方法(AOKZOEと共通)Steam版のSEKIROでテスト

ONEXPLAYER mini Pro 6800U RSRの使用方法(AOKZOEと共通)Steam版のSEKIROでテスト

00:56
動画を再生
onex_mini_pro_ryzen_spec_Radeon.png
onex_mini_pro_ryzen_spec_Type-C.png
onex_mini_pro_ryzen_spec_light.png
onex_mini_pro_ryzen_spec_pc.png
ONEXminiPro_hikaku_title.png
ONEXminiPro_hikaku.png
onex_mini_pro_ryzen_02title.png

ゲーミングPCでSteamやEpic Games等のプラットフォームを使ってプレイしている方なら、そのままONEXPLAYER mini Proに機体を変えて、ポータブルに遊ぶことができます。時間のかかるアクションゲームも人気のAAAタイトルゲームも隙間時間にプレイ可能!

​見た目は「ゲーム機」だけど、中身は「高性能なゲーミングPC」。ゲームだけではなく、パソコンとしても実用的に使うことできます。これからゲーミングPCを使いたい、昔のゲームをやりこみたい、外出先でもPCゲームがしたい、ソファでリラックスしながらゲームがしたい…等々の大人の欲求を叶えてくれる性能と携帯性を合わせ持っています。

onex_mini_pro_ryzen_02.png

※実際の数値と多少の誤差がある場合があります。ご了承ください

7インチ
ディスプレイサイズ

612g
超軽量

262mm × 107mm ×23mm
本体寸法(最薄部を計測)

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版は、AMDの最新APU「AMD Ryzen™ 7 6800U」を搭載しています。6nmプロセスの「Zen 3+アーキテクチャ」を採用し、超高電力効率を実現。

8コア 16スレッド構成(2.7GHz~4.7GHz)、4MBのL2キャッシュと16MBのL3キャッシュを搭載し、ターボ周波数は最大4.7GHzと高く、AAAゲームも快適にプレイ可能です。

onex_mini_pro_ryzen_04.png

8コア
16スレッド

2.7GHz
基本クロック

4.7GHz
最大ブースト

6nm
製造プロセス

Zen3+
アーキテクチャ

16MB
L3キャッシュ

前世代の「AMD Ryzen™ 7 5800U」と「AMD Ryzen™ 7 6800U」と比較したとき、ゲームのフレームレートは平均200%も向上しています。また下記では、シングルコア・マルチコア性能を比較しました。

シングルコア性能

AMD Ryzen™ 7 6800U

11%
向上

AMD Ryzen™ 7 5800U

マルチコア性能

28%
向上

注)上記データはAMD(UltraViolet)社内テストラボにて行われています

注)上記FPSの測定データはOne-Netbook社のラボで行われています。解像度 1280*800P 28Wでテストした結果

12個のCU(Compute Units)と768個のSP(Stream Processor)を搭載し、よりリアルなゲーム画像とリアルタイムレンダリングであるレイ トレーシングをサポートします。

「AMD FidelityFX Super Resolution」は、グラフィックパフォーマンスの影響を受けずに高解像度のゲーム体験を提供し、フレームレートを向上させます。
さらに、AMD FreeSync™ Premiumテクノロジーでは、AMD FreeSync™搭載のディスプレイでティアリングやスタッタリングのないゲームを体験できます。

RDNA2
アーキテクチャ

2.4GHz
最大周波数

驚異的なパフォーマンス
卓越した効率性
AMD Radeon™ Super Resolution(RSR)テクノロジー

Radeon™ Super Resolution(RSR)は、AMD FidelityFX™ Super Resolution (FSR)テクノロジーと同じアルゴリズムを搭載した、ドライバーレベルのアップスケーリング機能です。 Radeon™ Super Resolution を活用することで、ゲーマーは互換性のあるゲームでより高水準のパフォーマンスを味わうことができます。

※      公式サイトへ移行します

onex_mini_pro_ryzen_17title.png

メモリは、16G / 32GB LPDDR5を搭載。前世代を大幅に超える超高速データ転送速度を実現し、AAAタイトルのゲームも高パフォーマンスでサクサク動作可能です。ゲームに限らず、Adobeなどの重めのアプリケーションを使用するクリエイティブワーカーの方など、幅広く活躍してくれます。

16GB or 32GB
選べる2つのメインメモリ

最大6400MHz
メモリ周波数

onex_mini_pro_ryzen_18title.png

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版は、M.2 2280 PCIe 3.0 ソリッドステートドライブを内蔵し、最大2TBのPCIeをサポートしています。ゲームの起動が速くなり、スムーズに動作するようになります。

2242MB/s
読み取り速度

1798MB/s
書き込み速度

PCle3.0
M.2 2280

onex_mini_pro_ryzen_18.png

3

注)上記SSDの読み取り速度と書き込み速度は、One-Netbook社のテストデータから得られたものです

08_2048x.jpg
onex_mini_pro_ryzen_06title.png

ONEXPLAYER専用に制作された「GAME CENTER」は、様々な調整をワンタッチで楽に変更ができるアプリケーションです。起動ボタンを押すとすぐに立ち上がり、誰でも簡単に変更が可能。
以上の機能の他にも、ディスプレイの明るさの切り替え、音量の調整も可能です。

onex_mini_pro_ryzen_06cpu.png
onex_mini_pro_ryzen_06gpu.png
onex_mini_pro_ryzen_06fun.png
onex_mini_pro_ryzen_06display.png
onex_mini_pro_ryzen_06rgb.png
onex_mini_pro_ryzen_06motar.png
onex_mini_pro_ryzen_06.png
onex_mini_pro_ryzen_07title.png

RGBライトエフェクトは、デザインや見た目を格上げするためのもの。ゲーマーなら絶対好きなはず!選べるモードは多数あり、プリセットのカラーモードは8種、単色は16色から設定することができます。あなたのお気に入りのモードはどれ?

onex_mini_pro_ryzen_07rgb.png

ONEXPLAYER mini Pro Ryzen版は、7インチディスプレイを搭載し、携帯性に最適な画面サイズながらも解像度1920×1200、画素密度323ppiと高い性能を持ち合わせています。
AMDプロセッサーとの相性が良く、ゲームはもちろんのこと、写真編集などのクリエイティブワークでも高いフレームレートを実現し、細部まで鮮明に再現します。

1920*1200
高解像度 1200P

323ppi
画素密度

16:10
画面比率

100%
sRGB

onex_mini_pro_ryzen_08title.png

高品質なUVコーティングが施され、滑らかで心地よい手触りのONEXPLAYER mini Pro。微細なフロスト感が反射を抑え、柔らかさを演出してくれます。また滑りにくく、指紋も付きにくくなっています。

人間工学に基づいて作られたエルゴノミクスデザインを採用しており、長時間のゲームプレイも疲れにくいデザインになっています。

本体の底部に丸みのあるデザインがONEXPLAYER mini Proを持ったときに手にフィットします。「持ちやすさ」に徹底的にこだわっています。

筐体背面のハンドルをS字型にカーブさせることで、本体を持つ際に指が自然に伸び、長時間の使用でも手のひらの疲労が少なく、安定したグリップ感とスムーズな操作性を実現しています。

ゲームで必要な細かい操作を可能にし、よりストレスフリーでゲームをプレイできます。トリガーボタンの上方への湾曲を維持しつつ、僅かに大きくすることで、ブラインド操作がしやすく、ゲーム中のトリガーやショルダーボタンの引き心地を向上させました。

onex_mini_pro_ryzen_14title.png

しばらくプレイしていると、デッドゾーンやジョイスティックのドリフトが気になることがありませんか…?
でも、もう心配いりません!ゲーマーのみなさまが満足できるよう、デッドゾーンがなく、ドリフトしにくいゲームに特化したジョイスティックを独自のアルゴリズム開発し、採用しました。

さらにジョイスティックは前世代よりも安定し、信頼性が向上しています。

18°
ジョイスティック最大傾斜度

7.5mm
ジョイスティック高さ

onex_mini_pro_ryzen_15title.png

より没入感のあるゲーム体験を提供するため、HDリニアレゾナントアクチュエーターを採用し、より静かで、より応答性が高く、より敏感なフィードバックを提供します。
また、シーンに応じて振動の効果が変化するようになりました。例えば、「Forza Horizon 5」ででこぼこ道を走ると、あなたが運転しているかのような “でこぼこ” を感じることでしょう。